HOME福祉助成金情報

福祉助成金情報

更新日:2017年 09月 21日

ボランティア・市民活動センターからの助成金情報です!

●公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団
 NPO基盤強化資金助成
 「認定NPO法人取得資金」 

≪対象となる団体≫
社会福祉分野で活動し、認定NPO法人の取得を計画している特定非営利活動法人。
※日本全国で募集します。
※以後「認定」という場合は、「特例認定」を含むこととします。
※なお、2017年4月1日以降に、認定NPO法人の取得申請をすでに提出している団体(認定済みの団体も含む)も対象です。

≪助成内容≫
「認定NPO法人」の取得に関する費用であれば、使途は問いません。
※会合費、人件費、器材類その他一切使途は問いません。
ただし、原則として2019年3月末までに所轄庁(都道府県・政令指定都市)に、「認定」の申請を行うことが必要です。
※所轄庁受付日が、2017年4月1日〜2019年3月31日のものが対象です。


≪助成金額≫
上限金額30万円(1団体あたり) 総額600万円を予定

 

≪応募期間≫
 平成29年10月31日(火) 17時まで

詳しくは、
http://www.sjnkwf.org/jyosei/nintei-npo.html
でご確認ください。

他に、「組織の強化」と「事業活動の強化」助成もあります。

----------------------------------------------------------------------------------
●日本郵便株式会社 年賀寄附金による社会貢献事業助成
 「2018年度年賀寄附金配分団体の公募」

≪申請可能事業≫
申請可能事業は、お年玉付郵便葉書等に関する法律に規定された10の事業のいずれかに該当し、かつ、申請法人の定款又は寄附行為に基づいて行う事業とします。
また、日本国内で実施される事業を対象とし、海外で実施される事業は除きます。
なお、海外活動を行う団体が国内で行う啓発事業等は、国内で行われる事業として対象とします。

10の事業
①社会福祉の増進を目的とする事業
②風水害、震災等非常災害による被災者の救助又はこれらの災害の予防を行う事業
③がん、結核、小児まひその他特殊な疾病の学術的研究、治療又は予防を行う事業
④原子爆弾の被爆者に対する治療その他の援助を行う事業
⑤交通事故の発生若しくは水難に際しての人命の応急的な救助又は交通事故の発生若しくは水難の防止を行う事業
⑥文化財の保護を行う事業
⑦青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業
⑧健康の保持増進を図るためにするスポーツの振興のための事業
⑨開発途上にある海外の地域からの留学生又は研修生の援護を行う事業
⑩地球環境の保全(本邦と本邦以外の地域にまだかつて広範かつ大規模に生ずる環境の変化に係る環境の保全をいう。)を図るために行う事業

≪応募期間≫
 平成29年11月10日(金) まで

詳しくは、
https://www.post.japanpost.jp/kifu/topics/h290831_01.html
でご確認ください。

-----------------------------------------------------------------------------------
●日本たばこ産業株式会社 2018年度 JT NPO助成事業
 〜地域コミュニティの再生と活性化にむけて〜

≪応募資格≫
【通常助成】
①公益性を有し非営利法人であること。
②2017年8月31日時点で、法人格を有して1年以上の活動実績を有すること。
※任意団体としての活動実績は含みません。
③法人の設立目的や活動内容が、政治、宗教、思想に偏っていないこと。
④反社会的勢力でないこと、または反社会的勢力と密接な交友関係を有する法人でないこと。

【熊本地震被災地支援助成】
①2017年8月31日時点で、活動実績があること。
②応募時に非営利法人であること、または2018年3月までに法人格取得の申請をすること。
③法人の設立目的や活動内容が、政治、宗教、思想に偏っていないこと。
④反社会的勢力でないこと、または反社会的勢力と密接な交友関係を有する法人でないこと。

≪対象事業例≫
・被災地域コミュニティの復旧・復興をテーマとした事業 等
・その他、地域の課題を解決する事業 等

≪助成金額≫
年額最高 150万円/件 (45件程度)

≪応募期間≫
 平成29年11月10日 必着

詳しくは、
https://www.jti.co.jp/csr/contribution/social/npo/entry/index.html
でご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
●公益財団法人 大阪コミュニティ財団
 2018年度助成

≪助成対象となる団体・事業≫
1年以上の活動実績を有する非営利団体(法人格の有無は問いません)が、2018年4月1日から2019年3月31日までの間に、実施を予定している公益に資する事業。

≪応募期間≫
 平成29年11月30日 当日消印有効

詳しくは、
http://www.osaka-community.or.jp/contents/grant/grant_guide.htm
でご確認ください。
更新日:2017年 08月 18日

ボランティア・市民活動センターからの助成金情報です!

●第15回 読売福祉文化賞

≪目的・対象≫
社会福祉の各分野で21世紀を切り開く創造的な業績をあげ、障害者や高齢者の暮らしやすい環境づくり、自立支援、社会参加の推進や、困難な状況にある子どもたちの支援などに貢献している団体、個人を励まし、豊かな福祉社会づくりの一助とする。特に新しい活動を始めた人たちを応援していく。
①公益性ある創造的な事業で、ハンディを持つ方や地域の人々に元気を与え、ネットワークを広げている。
②個人または団体が生き生きとした活動の場を持てる支援を実践している。
③福祉の現場において、多様な文化の向上に尽くしている。
④明確なテーマを持って、目覚ましい実績をあげ、将来も継続、発展が期待できる。

≪表彰部門≫
一般部門 3件(トロフィーと活動支援金各100万円)
高齢者福祉部門 3件(トロフィーと活動支援金各100万円)

≪応募期間≫
 平成29年9月30日 当日消印有効

詳しくは、
https://www.yomiuri-hikari.or.jp/report/prize/15-1.html
でご確認ください。

-----------------------------------------------------------------------------------
●一般社団法人 生命保険協会
 平成29年度 生命保険協会
 「元気シニア応援団体に対する助成活動」

≪助成対象となる団体≫
高齢者を対象とした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動を行っている民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO法人)等で、所定の要件(「申請時点で1年以上の活動実績を有し継続して運営している」等)を満たす団体

※法人格を有する団体は特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団法人および一般財団法人のみ対象。

≪助成対象となる活動≫
構成員だけでなく、地域の高齢者を対象とした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動(従来からの継続活動でも新規活動でも構いません)
◎対象となる活動例
・身体向上活動(虚弱化予防のための健康体操やウォーキング等)
・自立支援活動(外出支援による閉じこもり防止対策、配食による栄養改善等)
・交流活動(交流サロンでの同世代・他世代とのコミュニケーションによる心身の健康確保等)  など

≪助成金額≫
1団体あたり上限額12万円(助成総額最大500万円)

≪応募期間≫
 平成29年9月30日(土) 当日消印有効

詳しくは、
http://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/guideline/
でご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
●2017年 花王・みんなの森づくり活動助成

≪対象団体≫
国内で身近な緑を守り、育てる活動(以下、「森づくり活動」)に取り組んでいる団体と、身近な緑を活用し、次世代に緑との触れ合いの機会を創出する活動(以下、「環境教育活動」)に取り組んでいる団体が対象となります。

※団体には、町内会や学校などを含みますが、国や地方公共団体は対象になりません。
※政治団体、宗教団体、営利を目的とした団体は、対象になりません。
※指定管理業務を受託している団体も選考対象となりますが、発注者より支出されるものについては、助成を申請することができません。

≪対象活動≫
私たちが生活する身近な場所での市民による「森づくり活動」と「環境教育活動」の2つの分野で、地域社会に寄与するものが対象となります。
・「森づくり活動分野」では、植樹や樹木の管理、里山や雑木林などでの保全と復元活動など
・「環境教育活動分野」では、緑地や里山をフィールドとした環境教育活動で、植樹や里山保全活動などを通じて環境を大切にする心を育む活動など

≪助成金額≫
1団体あたりの助成金の上限は、50万円(1年目)とし、15〜20団体程度の助成を予定しています。
※継続団体に対する2年目以降の助成金の上限は、2年目50万円、3年目25万円となります。

≪応募期間≫
 平成29年10月14日 当日消印有効

詳しくは、
http://www.kao.com/jp/corp_csr/social_activities_00_00.html
でご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
●公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団
 「住民参加型福祉活動資金助成」

≪対象団体≫
①日本全国で募集します。
②5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません。)
 ただし、社会福祉法人は除きます。
③地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行う活動

≪助成金額≫
1団体30万円を上限とします。(総額600万円を予定)
※選考において、申請金額を減額して助成を決定する場合があります。

≪応募期間≫
 平成29年10月20日(金)17時まで

詳しくは、
http://www.sjnkwf.org/
でご確認ください。

Copyright © 2010 社会福祉法人東大阪市社会福祉協議会 All rights reserved.